理想と現実の間で悩みながらも、
現場でのコミュニケーションから学ぶ毎日。

ジュピターテレコム / 前田 卓也・高野 健志郎

営業部 - 前田 卓也:体育会系。契約を頂くとやはりほっとする。井の中の蛙にならないよう自戒する。
営業部 - 高野 健志郎:テニス、演劇、自動車部といろいろなことにチャレンジしてきた。会話が苦手だったが、演劇部でそれも克服した。

社会人として、ジェイコムの営業マンとして。

入社1年目、営業部に配属されてまだ1ヶ月。前田と高野はメンテナンスや加入者のアフターフォローをしている。「営業は思っていたほど大変ではありません」二人は言う。「新しくお申込を頂くことは難しいのですが、お客様がみんな優しくて、お茶やドリンク剤を出して下さったり、いろんな話もして下さいます」。
前田は名古屋出身。小・中・高校でハンドボールに打ち込んできた。「愛知では競技人口は多いんですよ」。以前から放送に興味があったのでジェイコムに入社したのだと言う。研修でマナーや商品知識を学び、顧客にサービスを提案する。「でも、質問に答えられなかったり、お客様の方が詳しいこともあります。未熟なので、できることを精一杯やって、周りからの指導をいただきたいと思っています」。
学生時代にはバーテンダー経験もあり、人の話を聞くことは得意。営業に向いていると言われたこともある。だが、自分と違うタイプの話し上手の同僚の方が、より良い営業成績をあげると、サービスのよい点をうまく伝えられていないのかと自信をなくすことも。「自分を変えるのは簡単ではないけど、認めてもらえるように頑張ります」。

誰の為に、何の為の仕事か。ともに理想に向かって。

高野は、そんな前田に悩みや愚痴を聞いてもらっている。「毎週一緒に飲みにいきます。前田はいつも僕をなだめてくれるんです。」と笑う。入社の動機は、人に必要なサービスや設備を提供している会社だから。「放送より、ジェイコムのネットや電話の通信分野に興味がありました。〝お客様のために〟という経営理念にも共感しました」。
東京出身で、学生時代は健保や年金について研究。〝必要なものをその人のために〟が重要だと考えている。「今は営業の経験を積んで、何が喜ばれるかを理解したい。将来は他の人や部署にもそれを伝えたい。そして、必要がなくて加入していない人にも『いい会社だな』と思ってもらえるよう誠意を持って接したい」。ただ、必要ないと思われるのは、うまく商品を説明できていないからでは…と感じることも。「自信があるのは自動車部で培った安全運転の技術です」。その横で、最近車をこすってしまったと前田が告白して笑わせる。
和気あいあいとした空気の中で、二人は社の経営理念が記してある小さなカードを見せてくれた。「お客様のために、と書いてあるでしょう。これが最重要。会社の成長とか業績とかを考えずにこんなことを言うと子どもっぽいと思われるかもしれませんが…」。新人らしい高い理想を胸に、明日からも各家庭を営業にまわる。

INFORMATION

ジェイコムショップ府中店をご利用ください!

  • テレビ、インターネット、電話など各種サービスのお申し込み・変更・お手続きなど
  • ちょっと複雑なリモコンの使い方や機器の操作方法のご説明
  • デジタルチューナーや超高速インターネットの体験
  • 各種サービス導入済みのお得なJ:COM対応物件のご紹介

J:COMショップ 府中店

東京都府中市宮町1-50 くるる1F
営業時間/10:00~20:00
定休日/月曜(祝日は営業)
TEL.042-207-3000  HPはこちら

J:COMショップ 府中店

東京都府中市宮町1-50 くるる1F
営業時間/10:00~20:00
定休日/月曜(祝日は営業)

TEL.042-207-3000

HPはこちら