自らが圧倒的な行動量で動くから、周りの人たちが喜んで巻き込まれる。
そのビジョンにみんなが導かれていく。

府中アスレティックF.C. / 中村 恭平

府中出身。幼い頃からサッカーに明け暮れ、仕事でもサッカーに携わりたいと大学卒業後、日本サッカー協会への就職を目指すが、門前払いに。その後ビジネスの世界で成功し、自らが立ち上げたアスレの運営と日本のフットサルの普及一本に取り組む。

府中人に愛される存在とは。

府中市民は府中市が大好きだ。それは「住みたい街」No.1ではなく、「住み続けたい街」No.1に選ばれることが物語っている。長い歴史、行き届いた都市整備や行政サービス。公園や緑が多く都心へのアクセスも便利で住みやすい。だから人が集まり、分譲マンションの即日完売も珍しくない。
そんな府中市民はシビアだ。いくらラグビーの東芝とサントリーが府中に本拠を置き、何度も日本一になっても「我が街のチーム」と盛り上がるわけではない。もちろん彼らを熱心に応援する人も多いが、Jリーグの浦和レッズのような熱狂的な盛り上がりは感じられない。なぜなら、府中には1900年の歴史を持つ大國魂神社や、くらやみ祭という別格の存在がある。見るだけではない、参加できるお祭り。それこそが府中の誇りなのだと思っているから。
実は府中市には、他にもトップクラブがある。フットサルのFリーグに加盟している府中アスレティックフットボールクラブ。このクラブは前述した企業スポーツやプロスポーツチームと異なり、NPO法人が運営する市民参加型のスポーツクラブだ。地域の子どもたちへのスクールやクリニックといった普及育成活動や、休日にフットサルを楽しむ人々へプレイする環境を提供するなどの活動を行っている。Fリーグに参戦するトップチームはあくまでもクラブのシンボルであり、象徴。休日にサッカーをして試合後に仲間とビールを飲むことを楽しみにしている会社員も、試合にボランティアとして参加する女性や子供たちも、自分たちの代表であるトップチームを応援している。
このクラブの創設に関わり、現在はGMとしてスポンサー集めやチームの強化に務める中村恭平は、フットサルの普及を生涯の仕事として選んだ。大学卒業後、入社した大手広告代理店で営業となり、その後自ら起業したベンチャー企業を上場までさせたビジネスマンでもある。そんな中村が上場企業の代表取締役を辞してまで府中でフットサルの普及に打ち込む。観るスポーツとしてのフットサルの知名度は低く、リーグ全体の観客動員も低迷している現実。しかし中村には将来の大きな夢がある。

中村の目には、明確に見える未来。

それはFCバルセロナを代表とするヨーロッパの総合型地域スポーツクラブだ。欧州のクラブはトップチームを頂点に育成組織の他にフットサル、バスケットボールなど他競技のチームがあり、並行して地域の子どもから高齢者までがスポーツを楽しむための施設や仕組みができている。クラブの夢はそれに近い。日本中でスポーツを通じた青少年の育成や、中高年も生涯スポーツを楽しむ環境を整備すること。そのための第一歩が、この府中アスレティックフットボールクラブなのだ。トップチームが地域に愛される存在になり、同じクラブで生涯スポーツとしてのフットサルや競技を楽しむ人がいる。子どもはトップチームに憧れ練習する、そんな活動だ。府中だからできる。そして府中で成功できれば日本中でできると信じている。そのためには、クラブのシンボルであるトップチームが、みんなの誇りとなるように「日本一」になることを目指している。
今の中村の視点はもっと先に向いている。府中のために、フットサルで府中を盛り上げたいという思いより、府中で成功したパターンを全国に広げたい。みんなが楽しめる、フットサルを中心とした参加型クラブで、日本中を元気にしたい。それが中村の最終目標だ。現在中村は府中アスレティックF.C.のためだけではなく、日本のフットサルのために働いている。かつて夢見た日本サッカー協会でのフットサル委員会副委員長としての立場で、普及、育成にも奔走している。会社経営からは退いたが、株主としての立場もある。常に2足も3足もわらじを履く。全力で走り続ける中村を、府中アスレティックF.C.のキャプテン、フットサル日本代表選手でもある皆本晃は「恭平さんは預言者です」という。彼が示したビジョンを皆が共有し、そこに向かう。すると実現する。アスレがFリーグに加盟すること、自分が日本代表になることは叶ってきた。あとはFリーグで優勝することと、フットサル日本代表がワールドカップで優勝するという未来。府中アスレティックF.Cは毎年上位争いする実力もあり、経験と実績のある選手が揃った。機は熟している。さらにフットサル日本代表は2012年、2014年と連続してアジアチャンピオンとなっている。2016年にコロンビアで開催されるフットサルワールドカップで優勝したら、もしかしたらそのときこそ「府中市民の誇り」となるかもしれない。預言者たる中村は、なおさら忙しくなることだろう。

INFORMATION

子どもも大人もフットサルを楽しもう!
ジュニア(小学生)/初級・中級/超初級・女子向けの各スクールやクリニックを開催しています。
詳しくはホームページをご覧ください。

府中アスレティックフットボールクラブ

ホームアリーナ:府中市立総合体育館
東京都府中市矢崎町5-5
HPはこちら

府中アスレティックフットボールクラブ

ホームアリーナ:府中市立総合体育館
東京都府中市矢崎町5-5

HPはこちら