お客の注文にあわせて、ぴったりの家具を探し、修理する。
良質なのにビックリするほど安い、一点ものが出来上がる。

BACK YARD / 鳥畑 豪

家具の修理が楽しくてしょうがない。修理暦10年以上。実際、リフォームの仕事を請け負っているくらいだから、かなりの腕前だ。今考えているのはスタッフの溶接技術を活かした家具の再生。どんな品が店に並ぶか、目が離せない。

豪快、かつ繊細な仕事。鳥畑の面白さ。

バックヤード。言い得て妙、の店名だ。
商品倉庫のごとく、うず高く積まれた家具。修理工房もかねる店内は、すきま風が寒い。でも、なんだか居心地がいい。不思議な店だ。
何屋かと言われれば、肩書は「家具と雑貨の店」。良質な中古家具の販売だけでなく、修理や買取りも行っている。無造作に並んだ品々をよく見ると、個性的なものあり、シンプルで長く使えそうなものあり、どれも造りがしっかりしている。もとはモデルルームや大使館で使われていた家具が多いというからクオリティが高いのも納得だ。
下北沢から府中に移転して1年半。地元ファンを増やしてきたバックヤードだが、この店の常連客の依頼は、ひどく変わっている。「こんな部屋に合う、こんな感じの家具を、このくらいの予算で」。おどろくほどアバウトなオーダーが続々入る。いったい、いつからこんなスタイルになったのか自分でもよくわからないが、鳥畑は無理難題と思えるような注文にも次々と応えていく。
ネットワークを駆使して探し出し、椅子の張替、扉の調整、棚板の交換など、必要があれば自ら修理を施す。例えば、ウン十万円だった存在感たっぷりのヨーロッパのサイドボード。客の希望に合わせて丁寧に修理し、新品同様のようになったが……売値は数万円。「安く仕入れて安く売る」のが信条と言うが、ちゃんと儲かっているのか、こちらが心配になる。

桜祭りのリベンジに燃える。

「それ絶対無理だよ、というような注文も断れない」。そう聞くと、優柔不断かおとなしい人をイメージするが、そうではない。「だって、できることなら頑張って応えたいって思うじゃない」。大胆で繊細な仕事ぶりは、さまざまな職種を渡り歩いてきたことによるのかもしれない。
買取り依頼も増えてきたが、単なるリサイクルショップではないから、何でもOKというわけではない。電話で大まかに話を聞いて訪問すると、どうみても再デビュー不可能な家具だったということも。そんな場合はやんわり断ったりもするのだが、苦にする様子はない。理不尽な(?)出会いを楽しんでいるようにもみえる。不思議な人だ。
オープン後、初めて迎えた昨年の桜まつり。「お祭りならビールでも飲んでゆっくりするか、お客も来ないだろうし」と思っていたら甘かった。売るものがだんだんなくなり、急きょ仕入れに走る。500円のデッドストックものの16本骨の傘は、あっという間に完売。
今年は、花見ついでに立ち寄った客が気軽に買って帰ることができるものをたくさん用意する予定。仕入れはこれからだ。アメリカの文具とか、アンティークのライターとか……もう鳥畑の頭の中はアイデアいっぱい。こうご期待、である。

INFORMATION

お探しの素敵な家具、きっと見つかります! 家具の修理も致します! 家具の買取もします! 店内在庫は取扱商品のほんの一例です。ご希望をスタッフにお伝えください。お客様に代わってご希望の商品をお探しします。また、修理や椅子の張替えなども承ります。あなたが大切に使った愛着ある家具を買い取らせていただきます。デザイナーズ、アンティークなど修理清掃し、次のオーナーへ橋渡しいたします。

インテリア家具・雑貨 BACK YARD バックヤード

東京都府中市府中町1-26-16
営業時間/11:00~20:00 定休日/無休
TEL.042-306-8046  HPはこちら

インテリア家具・雑貨
BACK YARD バックヤード

東京都府中市府中町1-26-16
営業時間/11:00~20:00
定休日/無休

TEL.042-306-8046

HPはこちら